「売る?それとも修理?」

事故車の処分は、判断が難しいケースがあります。

しかし、こんなケースは『迷わず売却』が正解だったりします。

修理よりも売却がオススメのケース



  • 修理よりも買ったほうが安いほどのダメージがある場合。

  • 数十万、数百万円の修理代の見積もりがでた場合。

  • 修理しても将来的に安全性に不安がある場合。

もしひとつでも当てはまれば、売却を考えてみて下さい。

また事故車を修理した場合、その車は「修復歴あり」となります。

「修復歴あり」の車は、手放すときにかなりのマイナス査定となります。

言い換えると、「修理して乗り続けることは、資産価値が下がった愛車に乗り続けること」になります。

つまり事故車に乗り続けることは、安全性や将来の査定などマイナス要素が盛りだくさんなのです。

板橋区に事故車を買取する業者あるの?

そもそもグチャグチャの状態の車なんて、板橋区で買い取ってくるところあるの?

確かに、板橋区にある一般的な車の買取店では買取の対象外になることが多いようです。

では、板橋区にあるディーラーなら買い取ってくれるのかというと、やはり事故車は敬遠されるのが一般的です。

仮に、車買取やディーラーが買い取ってくれるとしても、ビックリするくらい安い金額を提示されるでしょう。

では板橋区で事故車の買取査定はどこに依頼すれば?

板橋区にも事故車や不動車を専門に買取を行っている業者さんがあるのをご存知ですか?

そして特におすすめなのが、事故車買取のタウです。

なぜ事故車買取のタウが事故車の買取に優れているのは・・・

『事故車買取のタウがオススメな理由』


  • 『年間50,000台以上』の事故車買取実績。
  • 『世界100カ国以上、約60,000社のネットワーク』業界最大級販売体制。
  • 『全国対応、24時間売却相談可能』な安心体制。

事故車買取のタウは累計53万台、

2014年度:6.8万台、2015年:7.5万台、2016年:8.1万台と、

右肩ありがりで事故車の買取を行なっています。

なぜ『事故車買取のタウ』は高い買取ができるの?

事故車買取のタウが事故車を高く買取ができる理由は、流通経路にあります。

日本では、事故車はマイナスなイメージが強く敬遠されがちです。これは業者、ユーザー問わずあてはまります。

しかし、海外の事故車の評価は日本とは異なります。

日本ほど事故車に対してネガティブなイメージはなく、事故車の安く流通できるメリットを高く評価する傾向にあるのです。

そのため、世界100カ国以上に販売ネットワークをもつ事故車買取のタウは、積極的な事故車の買取ができるのです。

これが高価買取を実現する事故車買取のタウが築き上げた事故車買取のビジネスモデルなのです。

また事故車だけではなく、故障車や水没車の買取も行なっていますので、『お困りの車』の処分は、事故車買取のタウまでどうぞ。

板橋区の事故車買取のエピソード「不調な車を売るなら」

板橋区在住の20代女性です。

お気に入りの外車をオークションで安く落とすことが出来、帰り道ウキウキでガソリンスタンドへ。今まで乗ってた外車は全部ハイオクだったし、給油口にもハイオクと書いてあったので迷わずハイオクを給油しました。

ガソリンスタンドを出発してから数分後、軽いノッキングがあり、何だろう?と思いながらも走行を続けました。

無事帰宅し、次の日、彼氏とドライブしていると、またノッキングがありました。2人とも車に詳しいわけじゃないし、オークションの車だからなんか不具合でもあるのかもと思い、次の休みの日、ディーラーさんに見てもらいました。

特に異常もなく、もしかしたら、オートマチックオイルかな?とだけ告げられ、その日は帰宅しました。

それから数ヶ月乗っていましたがノッキングは相変わらずで、ひどい時には一回の走行で10回程。普通の時でも1回はありました。

流石に限界を感じながらも日々生活を送っていました。ある日、見たこともない魔法のランプみたいなマークが赤く点灯しました。なんだろう。。。と、軽い気持ちでまたディーラーさんに見てもらいました。

とりあえず赤く点灯していた魔法のランプは消えましたが詳しく整備して見ないと分からないけと修理代で50~100万は覚悟しておいてくださいと告げられました。吹っ切れましたね。

ランニングコストも良いとは言えない。税金は高い。修理に100万?よし!日本車に乗り換えよう!決意してから早かったです。

近くの中古車屋さんに車の状況をお話して、車体を買取をお願いしたら、価格はつかないと・・・

やはり普通の車買取店では、不調な車は取ってもらえないようだ。

そこで、事故車や不動屋を専門に買い取っているところを探してみた。

いくつか事故車の買取業者は見つかった。そして、値段を提示されてびっくり。

0円だったのが、なんと15万円。もちろんお願いすることにした。

無事調子の悪い車を処分して、ハイブリットカーを新たに購入することに決めました。あれから1年。ランニングコストが安い。今までの半分以下です。

燃費よし。税金安い。先日車検を受けましたがどこも悪いところは見つからず、かなり格安で済みました。見た目で選ぶ外車より、経費がかからない日本車のハイブリットカーは最高です。

それからは車を乗り換えようとしている友人たちにもハイブリットカーをお勧めし続けています。

(20代主婦:板橋区在住)